Plan 9

ファイルサーバのインストール

2011年7月23日更新

はじめに

これは、ファイルサーバ専用のカーネル構築記録です。 dumpfs、ken fs、fs64等いろいろな呼び方がありますが、 だいたい同じものを指しています。以下fsカーネルと呼びます。

現在、fsカーネルはサポート外となり配布物から外されています。 配布物から外れる前から使っているのでここに書いていますが、 今から構築するには、あまりおすすめしません。 ATAディスク周りにはバグがありますし、情報も少ないので。

それでも、高い安定度は魅力的だなあ、と思います。 フルSCSI化してからというもの、 ハードウェアトラブル以外で落ちたことがないですよ。

なにはともあれ認証サーバが1台必要になります。 注意する点としては、必ずilを組み込んでください。

ソースコードの取得

現在、fsカーネルはサポート外になってしまったので、 別途取得してこなければいけません。 ソースコード一式は/n/sources/extra/fsにあるので 普通にコピーしてもいいのですが、せっかくなのでreplica用の設定をします。 以下の内容を$home/fs/dist/replica/instとして保存します。

% cat $home/fs/dist/replica/inst
#!/bin/rc

# ken fs template.
# Assumes that distribution should be installed
# to /n/inst.

s=/n/sources/extra/fs/replica
serverroot=/n/sources/extra/fs/fs
serverlog=$s/fs.log
serverdb=$s/fs.db
serverproto=$s/fs.proto
fn servermount { status='' } 
fn serverupdate { status='' }

fn clientmount { status='' }
c=/n/inst/dist/replica
clientroot=/n/inst
clientproto=$c/fs.proto
clientdb=$c/client/fs.db
clientexclude=(dist/replica/client)
clientlog=$c/client/fs.log

applyopt=(-t -u -T$c/client/fs.time)

次に、$home/fs/dist/replica/client/fs.db(空でいい)を作成して、展開。 ここではとりあえず、展開先を$home/fsとします。 展開先を変えたい場合は、2行目のbindを変更してください。

% chmod +x $home/fs/dist/replica/inst
% echo -n >$home/fs/dist/replica/client/fs.db
% 9fs sources
% bind -c $home/fs /n/inst
% replica/pull -v /n/inst/dist/replica/inst

しばらく待てば、$home/fs以下は次のようになります。

% lc $home/fs
9netics32.16k dev           emelie        ip            pc
9netics64.8k  dist          fs            mkfile        port
choline       doc           fs64          patch         run

時計合わせ

fsカーネルでは、timezoneを変更するには ソースを書き換えなければできません。 詳しくは時計合わせを参照してください。

コンパイル

以上で準備が整いましたので、コンパイルします。

% cd $home/fs/fs64
% mk

これで、9fsfs64というカーネルができますので、 続けてplan9.iniを用意します。 etherの項は手持ちのカードに合わせてください。 ソースコードのpc/etherif.cにネットワークカードの一覧が、 pc/scsi.cにSCSIカードの一覧があります。

% cat plan9.ini
ether0=type=rtl8139
bootfile=fd!0!9fsfs64
nvr=fd!0!plan9.nvr

または、9loadがカーネルを見つけられない場合、 bootfileエントリを以下のようにすると解決するかもしれません。 それでもnvrエントリは古い書き方をします。

bootfile=fd0!dos!9fsfs64

用意ができたら、カーネルとまとめてフロッピーに書き込みます。 単純にファイルをコピーしただけでは、 ロードできない配置になってしまったりしますので、 pc/bootfloppyを使います。

# 端末から直接書き込む場合
% pc/bootfloppy /dev/fd0disk plan9.ini 9fsfs64

# フロッピーイメージを作成する場合
% pc/bootfloppy floppy.img plan9.ini 9fsfs64

完成したらそれを使ってブートします。

ファイルサーバの構成

サーバの設定を行います。 ブート中にキーを押してconfigモードに入り、設定します。

config: config w0
config: service dryad
config: filsys main cw0f{w14w15}
config: filsys dump o
config: ipsntp 192.168.1.1
config: ip 192.168.1.23
config: ipgw 192.168.1.1
config: ipmask 255.255.255.0
config: ream main
config: end

各行についてですが、serviceコマンドでホスト名を設定、 filsysコマンドでファイルシステムの名前付けと ディスクの割り当てを行っています。 上記の例では、mainファイルシステムとして、SCSIディスク0をキャッシュ、 SCSIディスク14と15をミラーリングして擬似WORMとしています。

fsカーネルでは、ルールさえ覚えてしまえば、 簡単なコマンドでディスクを単純に連結したり、 ストライピングしたりもできます。 詳細はfsconfig(8)を読んでください。

ipまわりは、そのままの意味。 ネットワークカードが複数ある場合、1枚目はip0, ipgw0, ipmask0、 2枚目はip1, ipgw1, ipmask1のように見えます。

最後に、reamコマンドでファイルシステムを初期化です。 このコマンドは、configモードを終えてから初期化を開始します。

endコマンドでconfigモードを終えて通常運用モードに進みます。 reamコマンドを発行した場合は、ここで初期化を行います。

ホストオーナーの設定とユーザの初期化

しばらく待つとファイルサーバのプロンプトが表示されます。 そこで、ユーザの初期化とファイルサーバパスワードの設定をします。 passwdコマンドでは、認証ID、認証ドメイン、パスワードを聞かれますので、 認証IDをbootes、認証ドメインとパスワードを 認証サーバのbootesと同じ値に設定します。

dryad: users default
dryad: passwd

このままではユーザ情報さえ保存できませんので、 続けて、/adm/usersのほか、必須のファイルを作成します。

dryad: create /adm -1 -1 775 d
dryad: create /adm/users -1 -1 664
dryad: create /usr 10000 10000 775 d

上記の、-1はadm、10000はsysと同等です。 名前も使えたはずですが、ここではIDを使いました。

準備ができたので、/adm/usersに保存します。 保存コマンドは特に無く、ユーザの追加や削除が行われたタイミングで 書き込みにいきますので、適当なユーザを追加してください。

newuser lufia

users defaultコマンドは、メモリに初期テーブルがロードされるだけです。 書き込みは行いません。

ファイルサーバをマウントするだけならこれで完了です。 クライアントのほうで以下のように使います。

% ramfs
% echo 'key proto=p9sk1 dom=mana.lufia.org user=glenda !password=xxxxx' >/tmp/factotum
% auth/secstore -p /tmp/factotum

あとは、$home/lib/profileなどから9fsを使ってマウント。

9fs dryad

これで/n/dryadにマウントされます。 fsをルートファイルシステムとする場合は関連情報を参照。

トラブルシューティング

認証サーバからファイルサーバをマウントできない

ファイルサーバのpasswdコマンドで設定するIDは、 認証サーバと同じにしないといけないみたいです。 通常、どちらもbootesにしておくのが無難です。 もちろんパスワードも同じにします。

VMwareでNICを認識しない

配布されているものは対応していません。 パッチを当てたものがetherigbe.cにありますので差し替えて使ってください。