Plan 9

さくらVPSにPlan 9をインストール

2014年2月22日作成

さくらVPSにベル研版Plan 9をインストールしました。 最近のさくらVPSはISOインストールが可能になっていますので、 それを使っています。

ISOイメージの転送

まずはさくらVPSコントロールパネルから、 ISOアップロード用のsftpアカウントを作る必要があります。 その後、Plan 9公式配布物のISOイメージをダウンロードして、 (bz2を解凍してから)さくらVPSにアップロードします。

アップロード用のアカウントは1日で自動的に無効化されるようです。 また、アカウントを削除するとアップロードしたISOイメージも消えてまうので、 やる気のあるときにアップロードすることをおすすめします。

Plan 9のインストール

ISOイメージのアップロードが終わったら、 コントロールパネルのOS再インストールメニューから、 ISOイメージからインストールを選択します。

次に、インストール内容確認のところで、virtio有効にチェックが入っているので、 これを無効にしてから、インストールを開始します。 (virtioが有効になっていると/dev/sdC0が見つかりませんでした)

インストール時の設定

以下のようにインストーラからの質問へ答えました。

メニュー設定値
dmaonyes
mouseportps2
vgasize1024x768x32
monitorxga

この後、しばらくするとrioが立ち上がってきます。 ここから先はメニューに答えるだけです。

configfs

fossil+ventiを選びました。

partdisk, prepdisk

すでにLinux用のパーティションが存在しましたので、 いちど全部を削除してから、作り直しが必要でした。 全部削除してw, qでメニューを抜ければ、 おすすめのパーティションが切られます。

fmtfossil

インストーラが不要だと判断した場合はスキップされますが、 必ず実行しておきましょう。

fmtventi

fmtfossilと同様に、必ずフォーマットしておきましょう。

copydist

ファイルのコピーが始まります。 今回インストールしたときは10分もかかっていない気がします。

bootstrap

Enable boot methodを聞かれたらplan9を選びます。 さくらVPSにまるまるPlan 9をインストールのように、 ctl+dで抜ける方法を使っても大丈夫です。

finish

インストールが一通り終わったら、再起動するように促されますが、 その前に、plan9.iniへ行の追加が必要です。 適当にウインドウを開いて、

% mount /srv/dos /n/9fat /dev/sdC0/9fat
% cat /n/9fat/plan9.ini
# 無ければ、以下の2行を追加
*nomp=1
console=0 b115200 l8 pn s1
% unmount /n/9fat

再起動

さくらVPSのコントロールパネルから再起動したとき、 GRUBから先に進まない状態になってしまっていたなら、 もういちどISOからインストールを選びます。 そうするとCDからブートしているけれど上記でインストールした 環境を操作できるようになりますので、 glendaでログインして以下のコマンドを実行しましょう。

% disk/mbr -m /386/mbr /dev/sdC0/data

最初にventiへ書き込みをしているようで、とても重いです。 少し待てば落ち着きます。

NICを認識させる

インストール直後は、

igbe: p->cls 0x0, setting to 0x10
igbe: bad EEPROM checksum - 0x535E

のようなエラーでNICが認識できていませんでしたので、さくらVPSでPlan 9を参考に /sys/src/9/pc/etherigbe.c:at93c46rを以下のように変更2しました。

snprint(rop, sizeof(rop), "CcS :%dDCc;", bits+3);
// Ccを追加

あとはコンパイルして再起動でNICを認識できます。

% cd /sys/src/9/pc
% mk 'CONF=pcf'
% 9fat:
% mv 9pcf /n/9fat/9pcf
% mk 'CONF=pcf' nuke
% fshalt