Plan 9

ファイルサーバの管理

2010年11月12日更新

調べながら書いてます。 未整理のものは日記のほうにもありますよ。

filesコマンド

N out of M files used
  A:     B
O out of M files used
N
開いているファイル数
M
conf.nfile
A
コネクションのチャネルナンバー
whoのものと同じ
B
Aが開いているファイル数
O
Bの合計

checkコマンド

nfiles
総ファイル数
fsize
sb->fsize
nused
有効ブロック総数
ndup
重複したブロック数(amark)..有効ブロック
nfree
フリーリスト中の総ブロック数
tfree
たぶん、排他ロックなファイルを開いている数
nfdup
重複したブロック数(fmark)..フリーリスト
nmiss
fsize-fstart-nused-nfree
nbad
fstart..fsizeに収まらないブロックアドレス数
nqbad
0..sizqbitsに収まらないqid.pathの数
maxq
最大のqid.path

statw

cwstats main
	filesys main
	nio   =      1      1      2
		maddr  =        3
		msize  =   267049
		caddr  =    26708
		csize  = 17892283
		sbaddr =   423710
		craddr =   423938   423938
		roaddr =   423941   423941
		fsize  =   423943   423943  0+ 1%
		slast  =            423409
		snext  =            423942
		wmax   =   423941           0+ 1%
		wsize  = 30524356           1+ 0%
		17804952 none
		    60 dirty
		     0 dump
		 86888 read
		   383 write
		     0 dump1
		cache  1% full

statd

	0.0 work =      1      1      1 xfrs
	    rate =   7334   9050   8725 tBps
	1.14 work =      0      0      0 xfrs
	    rate =      0      0     88 tBps
	1.15 work =      0      0      0 xfrs
	    rate =      0      0     48 tBps

コンソールのログを取る方法

9fansより。

You have to set up console logging yourself on a cpu server, like this:
aux/clog /mnt/consoles/fileserver /sys/log/fileserver &
where "fileserver" is the name of your file server. This assumes you've already got consolefs(4)configured, running and mounted, and that you've got the file server's serial console configured and wired up to a serial port on the cpu server doing the logging. Add this to your file server's plan9.ini:
console=0 baud=9600
It's a bit of work to set up, but very handy. Not only do you get a console log, but you can access the console from any of your Plan 9 machines with:
C fileserver

ファイルサーバ側の設定

ファイルサーバのplan9.iniに、consoleの設定を追加します。 このconsoleは0または1を設定でき、ポート0またはポート1から データを流す、という意味になります。 baudはデフォルトで9600なので省略してもいいです。

console=0

ログの受け皿も用意しておきます。

fs: create /sys/log/fileserver sys sys 666 a

ログを受け取る側の設定

まず、/lib/ndb/consoledbを編集します。

# see consolefs(4)
group=sys
	uid=bootes
console=fileserver dev=/dev/eia0 openondemand=1
	gid=sys

次に/cfg/$sysname/namespace。 シリアルポートを/devにbindします。 このファイルはシェルスクリプトのように見えますが、 限られたコマンドしか受け付けません。 詳細はnamespace(6)

bind -a #t /dev

最後に、/cfg/$sysname/cpustartあたりに以下を追加。

aux/consolefs
aux/clog /mnt/consoles/fileserver /sys/log/fileserver &

トラブルシューティング

/dev/eia0等が無い

カーネルデバイス#tから見えますので、 /cfg/$sysname/namespaceあたりからbindします。

/cfg/$sysname/namespaceが実行されない

/cfg/$sysname/namespaceにbindを書いているのに /dev/eia0が見つからない場合。 環境変数sysnameが設定されていないかもしれません。

受信側のplan9.iniに、sysnameを追加します。

sysname=wisp

または、consolefsを実行する直前にbindするとか。

おそらく、namespaceの後にcpurcとなるので、 /lib/namespaceの最後にある$sysnameを使った行は plan9.iniで設定しない限り実行されないのでしょう。。 手で設定したものとndb/csの結果が 違ったらどうするのだろうというのは置いておいて。

と思ってたら、起動順について9fansで話題に上がりました

  1. init
  2. newns
  3. /lib/namespace
  4. /cfg/$sysname/namespace(あれば)
  5. /rc/bin/cpurc

ここで、$sysnameは設定されていないので読みません。 では何のためにあるのかというと、ブート後、 名前空間を変更する場合に使うらしいです。 auth/noneとか、listen(8)の/rc/bin/serviceとか。 service.authのほうは、呼び出し元と同じ名前空間みたい。

データを受信しない

デバッグなどのため、ふつうのユーザで動かしている場合は、 bootesで試してみてください。 bootes以外ではなぜかうまくいかなかった記憶がやんわりと。