Plan 9

bloomフィルタ付きventiを作る

2015年5月4日更新

現在の(ベル研が配布している)インストールCDは、 ventiのbloomフィルタを作成しません。 インストールが終わってからbloomフィルタを追加するのは ディスクを追加したりと面倒なので、インストール時に作っておきます。

インストール中で

CDイメージからブートしたら、prepdiskまではそのまま進めます。 prepdiskまで進んだら、別のwindowを開いてprepdiskを手動実行します。

% disk/prep -a 9fat -a nvram -a arenas -a isect -a bloom -a fossil -a swap /dev/sdC0/plan9
% disk/prep -p /dev/sdC0/plan9 >/dev/sdC0/ctl

終わったらwindowを閉じて、prepdiskを実行しますが、 prepdiskは終わっているので、そのままqでprepdiskを抜けて次へ進めます。

初回ブートのあと

/dev/swapの値を以下に設定して、bloomsizeを計算します。

#!/usr/bin/awk -f

BEGIN {
	# cat /dev/swap
	pgsize = 4096 # /dev/swapのpagesize
	userused = 1424 # /dev/swapのuser左側
	userpgs = 458749 # /dev/swapのuser右側

	userfree = (userpgs-userused)*pgsize
	bloomsize = 2 ^ int(log(userfree/1024/1024*20/100*1/3) / log(2))
	print bloomsize
}

上記結果をfmtbloomの-sオプションに与えてフォーマットします。

% venti/fmtbloom -s 64m /dev/sdC0/bloom

あとはventi.confにbloomを設定します。

% venti/conf /dev/sdC0/arenas >/tmp/venti.conf
(isectとarenasの間あたりに追加)
bloom /dev/sdC0/bloom
% venti/conf -w /dev/sdC0/arenas /venti.conf