Plan 9

patchを送る

2008年6月12日更新

Plan 9には、配布物へのパッチを sourcesへ送るコマンドが用意されています。

使い方

patch/create subject email paths [<description]
subject
/n/sources/patchに作成されるディレクトリ名
email
作成者の連絡先
無い場合は'-'とする
paths
パッチ適用済みのファイル。
通常、/sys/src以下のファイルになる。相対パスでも可。

この例ではオリジナルを書き換えないように コピーをbindしてますが、直接書き換えてしまっても大丈夫です。 patch/createは、pathsの各ファイルと/n/sources以下の 同じファイルを比較してアップロードします。

% cd /tmp
% cp $original $new
(edit $new)
% 9fs sources	# patch/createがマウントするので無くてもいい
% bind $new $original
% patch/create error-subject - $original
(パッチの説明...)
^D