Plan 9

ネットワークの設定

2009年9月5日更新

Plan 9のネットワーク設定ファイルは、/lib/ndb/localです。 これはUnixで言うところの、hostsとnamed.confを まとめたようなもので、そこそこ厄介です。

以下は、現在使っている設定から DNSまわりの記述を除いたものです。 ipnetに共通項を書いておいて、他のエントリから 参照するようにしています。

#
#  files comprising the database, use as many as you like, see ndb(6)
#
database=
	file=/lib/ndb/local
	file=/lib/ndb/common

auth=sources.cs.bell-labs.com authdom=outside.plan9.bell-labs.com

#
#  because the public demands the name localsource
#
ip=127.0.0.1 sys=localhost dom=localhost

ipnet=home ip=192.168.1.0 ipmask=255.255.255.0
	fs=dryad.lufia.org
	ipgw=192.168.1.1
	dns=xxx.xxx.xxx.xxx		# プロバイダのDNS
	dnsdomain=lufia.org
	auth=wisp.lufia.org
	authdom=mana.lufia.org
	cpu=wisp.lufia.org

sys=flammie dom=flammie.lufia.org
	ip=192.168.1.1

sys=dryad dom=dryad.lufia.org
	ip=192.168.1.23
	proto=il

sys=wisp dom=wisp.lufia.org
	ip=192.168.1.7
	proto=il
	ether=0006a54200a1

ip=192.168.1.7 dom=lufia.org

上記では、sysの値とdomの値を揃えていますが、 異なっていてもかまいません。

ipgwの値をflammie.lufia.orgとしても動きそうなものですが、 そうすると値が化けてしまって、うまく参照できませんでした。 なので直接IPアドレスを書いています。

etherの値は該当カードのMACアドレスで、 /net/ether0/addrを読むと調べられます。 たぶん無くても動きます。

最後のエントリはwisp.lufia.orgの別名になります。 cnameとどちらにするか迷った結果、こうした記憶がありますが、 いろいろなところが定かではありません。 目的はhttp://lufia.org/として参照できるように。