orange/note

ESXiでfsカーネルのブート

2012年10月7日作成

6/12頃、ESXi 5.0にfs64カーネルを置いて動かしたところ、 起動時に、たぶんカーネルの実行がはじまったあたりで、 割り込みかなにかを受けてパニックしました。 回避はしたけど解決できていないので、いちおうまとめ。

具体的なメッセージはこんなの。

cpu0: 2590MHz P6
apm ax=f000 cx=f000 dx=40 di=ffff ebx=5470 esi=-1
bios (usb) loading disabled
no ethernet interfaces recognised
bus dev type vid  did intlognised
bus dev type vid  did intl memory
found 9fsfs64
.388008.........................+1208352.................+189444-705804
entry: 0x80100020
FLAGS=10086 TRAP=e ECODE=0 PC=80128b8c
  AX f000ff53  BX 801913b4  CX 801959a4  DX 801913b4
  SI 8012b96b  DI 001ac964  BP 00000049
  CS 0010 DS 0008  ES 0000  FS 0008  GS 0008
  CR0 80010011 CR2 f000ff53 CR3 00183000
panic: exception/interrupt 14
FLAGS=10086 TRAP=e ECODE=0 PC=8001e777
  AX 8001e769  BX 00000c80  CX 808185fc  DX 00000006
  SI 00000000  DI 8004f3e8  BP 0000000a
  CS 0010 DS 0008  ES 0000  FS 0008  GS 0008
  CR0 80010011 CR2 80818614 CR3 00183000
panic: exception/interrupt 14
....

interrupt 14とは

調べると、page faultでした。結構いやな感じ。

上記のログ"entry: 0x80100020"に続くのは、 おそらく"Plan 9 63-bit fileserver"で、 この文字列はmain()の中、一部の初期化が終わったところにあります。 で、exception/interrupt 14というメッセージは、 ローダの割り込みハンドラに書かれています。

最新のローダで動かす

最新(6/14頃)のCD imageからインストールしてみると普通に動きました。 そのまま、カーネルだけfs64に差し替えてみたらエラー。 なのでローダのメッセージが出ているけれど、原因はカーネルっぽい。

ESXiとの相性問題なのか調べる

少なくとも物理マシンで動いていた、2010年頃(もっと前かも)に作成した fs64のブートフロッピーからブートしたら動きました。 そのままカーネルだけを新しくコンパイルしたものに差し替えたら起動しません。

ビルド環境を変えてみる

fsカーネルは/386/lib/libc.a等をリンクしているようなので 適当に、/n/dump/2011/0701/386を/386にバインドして コンパイルしたものの、やっぱり変わらずエラー。

コンパイラとリンカを2011/07/01のものに変えたらなんだか動いた。

9fs dump
bind /n/dump/2011/0701/386/8c /bin/8c
bind /n/dump/2011/0701/386/8l /bin/8l

コンパイラのバグが修正されて、修正の結果、 それまでバグがあったおかげでたまたまうまく動いていた部分が 今回から落ちるようになったのなら、放置すると後で困りそうだなあ。

おまけ

いちおう読んだfsカーネルのブート周りのフロー。

port/main.c:main
	port/sub.c:formatinit()	# printの書式などを初期化
	port/main.c:machinit()	# mってなんだ?
	pc/pc.c:vecinit()
		# たぶん、9loadに読み込まれたplan9.iniをパースする
		# confname[n], confval[n]に入る
		# =が複数ある場合は、最初の=までがconfname
	port/main.c:confinit()
		# conf構造体を初期化
		pc/pc.c:meminit()
			pc/pc.c:mconfinit()
				# mmap, mapaddrを初期化しているっぽい
			pc/mmu.c:mmuinit()
				# gdt, kptを初期化?
				# このあたりになるとよくわからない
				pc/mmu.c:taskswitch()
					# tssを初期化
			trapinit()
				# 割り込み設定
				# intr0, 1みたいな関数は、pc/l.sにあるアセンブリコード
				# そこから潜って、pc/trap.c:trapに落ち着く

				SEGCG: call gate
				SEGIG: interrupt gate
				SEGTG: task gate

				# 0..255までにtask gateとして、intrbadを設定
				sethvec() for 17..23, 40..255

				# 0から16までは特別なintr0, intr1みたいなトラップ
				# うち、14(page fault), 16(math coprocessor)はinterrupt gate
				sethvec() for 0..16

				# デバイス割り込みはinterrupt gate; これも特別なトラップ
				sethvec() for 24..39

				なんかいろいろ
				fpinit()
		fs64/9fsfs64.c:localconfinit()
			# confをいろいろ設定
			# 時間とか
	pc/pc.c:lockinit()
		# 何もしない
	port/devcons.c:printinit()
		# printq, readqを初期化
		pc/pc.c:consinit()
			# consgetc, consputc, consputs, intrputsの設定
			# コンフィグがconsole=cgaでなければbaudとかも設定
			pc/kbd.c:kbdinit()
	port/proc.c:procinit()
		# procallocを初期化
		wakeup()
	pc/8253.c:clockinit()
		# 他もだが、特にここは本気でわからない
		setvec()
		cpuid()
		cycles()
		aamloop()

	print("Plan 9 64 bit file server...")

	printsizes()
	alarminit()

	# このあたりでserveq, raheadqを初期化

	mbinit()
	sntpinit()
	fs64/9fsfs64.c:otherinit()

	# 終わりに、files, wpaths, uid, gidspaceを初期化

	authinit()
	iobufinit()
	arginit()
	userinit()

	wakeup()
	launchinit()
	schedinit()