orange/note

fsオープンファイルの管理

2011年5月16日作成

ファイルサーバは、いま開いているファイルについて、 チャネル(chan)とFIDにもとづいたリストを持っています。 ここで開いているというのは、9pのattach、cloneからclunkまでのことです。 ファイルサーバはいろいろな処理(dumpとか)で読み書きしていますが、 それらとオープンファイルは関係ありません。

ファイルサーバコンソールからのcreateなどは9p扱いになりますので、 それはまた別。

各オープンファイルはFile構造体で表します。 Fileはファイルツリーを遡るために、Wpathのリストを持っています。 Wpathには自分自身を含めません。 なので、/のWpathはnilですし、/adm/usersのWpathは/とadmのリストです。 また、Wpathは9pでcloneしたとき、もとのオープンファイルが持っていた Wpathの参照カウントを増やし、それを共有します。

FIDは9pクライアントが管理しているIDなので、 チャネルごとに同じファイルは開けないといったことは起こりません。 ファイルサーバ内でユニークなファイルのIDはqidのほうです。

Dentryなど他のデータと異なり、File.slotとWpath.slotは、 ブロック内でのインデックスではありません。 ファイル全体を通してのインデックスです。 ここで、なぜブロックアドレスを使わないのかというと、 dumpのときに変更のあったブロックアドレスが変わります。 で、そのときのオープンファイルについても ブロックアドレスを新しいものに更新するのですが、 アドレスをそのまま持たせていると、 新しいアドレスを探索するのが大変になるのですね。 なので、オープンファイルのDentryが保存されている ブロックアドレスを、そのDentryが親Dentryブロックの中で 直接+間接ブロックを通していくつめのブロックにあるか(off)と置き換えて、 off*DIRPERBUF+slotのように、ひとつにまとめているわけですね。 これにより、

p = getbuf(target->parent->addr)
d = getdir(p, target->parent->slot%DIRPERBUF)
p1 = dnodebuf(p, d, target->slot/DIRPERBUF)

こんなふうに使えます。

いつものように/adm/usersを開いたときの動作予測。

DIRPERBUF = 10
[cw root] = 106

# f_attachで
File = {
	wpath = nil,
	addr = 106,		# /のDentryがあるブロック
	slot = 0,		# /のスロット
	open = 0
}

# f_walk("adm")すると
File = {
	wpath = {addr = 106, slot = 0} :: nil,
	addr = 6,				# admのDentryがあるブロック
	slot = off(0)*DIRPERBUF+slot(0) = 0,	# admのスロット
}

# 続いてf_walk("users")
File = {
	wpath = {addr = 6, slot =  0} :: {addr = 106, slot = 0} :: nil,
	addr = 7,				# usersのDentryがあるブロック
	slot = off(1)*DIRPERBUF+slot(1)=11,	# usersのスロット
}

f_openのときに、 open = OREAD|OWRITE|OTRUNCをFREAD/FWRITEに加工して設定

f_clunkまたはf_removeでfree

概要図。

FileとWpathの動き