orange/note

SproutCoreのいろいろ

2011年1月28日作成

HTTP Proxy

Buildfileにproxyを指定すると、 そのアクセスがあった場合に:toで指したホストへ切り替えてくれます。 テストをするときにとても便利。

proxy '/services/Service1.svc', :to => 'www.local'

sc-serverを再起動するまでは反映しません。

ビルド

プロジェクトの場所に移動して、

sc-build -r [-c] [--languages=ja]

これで、tmp/build以下にファイルがビルドされてます。 cオプションは事前にクリーン。

いちど失敗しても、cオプションを外して何度か実行すると完了するみたい。 何が原因なのでしょうね。

展開

tmp/build以下のパッケージを、webサーバのルートへコピーします。 URLは、だいたい/$project/$application/$lang/$GUID/index.html。

パッケージ名の指定

デフォルトはstaticですが、 Buildfileでurl_prefixを使って設定できます。

config :all, :required => :sproutcore, :url_prefix => '/path'

リダイレクト

URLの中に、およそビルドごとに変化するGUIDが入っていますので、 連絡するURLを単純にしておいて、 なんらかの方法でリダイレクトするといいかもしれません。 個人的に/$project/$application/までを連絡するのがおすすめです。

アプリケーションの追加

sc-gen app AppName

$project/apps以下に、新しいアプリケーションが作られます。

ライブラリ

SC.Enumerable.reduceMaxは数値比較(<)なので、 DateTime型の比較には使えません。