orange/note

SproutCoreとWCF Data Servicesの連携

2011年2月26日更新

SQL Serverとdecimal型

SQL Serverのdecimal型は、WCF Data ServicesなJSONの中でみると String型になります。値を更新する場合も、 Number型では変換するときにエラーが起こります。 このため、postUrlまたはputUrlする前に型変換をしておく必要があります。

var h = store.readDataHash(storeKey)
h = SC.copy(h, YES)
h.decimalValue = h.decimalValue.toString()
SC.Request.putUrl(url)
	.json()
	.header('Accept', 'application/json')
	.notify(this, 'didUpdateRecord', store, storeKey)
	.send(h)

SQL Serverとdatetime型

バックエンドにSQL Serverを使う場合、 datetime型はタイムゾーンを持ちません。 そして、WCF Data Servicesで取得する値は、 サーバに保存されている時刻をUTC(GMT)として、 1970年からそこまでのミリ秒が入っています。

次に、JavaScriptのDateは、 基本的にタイムゾーンはローカル固定みたいです。 getUTCxxxとかでUTCな値は調べられるけど、 オブジェクトのタイムゾーンは変えられません。

SC.DateTimeはtimezoneに差分を設定すれば変更できますが、 timezoneを省略した場合、ローカルタイムゾーンになります。 JST(+09:00)の場合は-540となり、 Date#getTimezoneOffsetと同じ値です。 なので、WCF Data Servicesの値をそのままSC.DateTime#createすると、 そこから+09:00された時刻になります。

仮に"2010-12-27T00:00:00"がデータベースに保存されていたとすると、 そのまま、ミリ秒にした値が返されます。 具体的には1293375600000ですね。 で、この値をタイムゾーンを省略してSC.DateTime化すると、 データハッシュには"2010-12-27T09:00:00+09:00"と保存されます。 このままPUTすると、データベースは"2010-12-27T09:00:00"になります。

さてさて、SQL Serverの値をどちらと仮定するか、なのですが。

  1. SQL Serverの値はUTC
  2. あくまでローカル時間

UTCだと仮定するのなら、問題ないのでそのまま使えばいいですが、 ローカル時間と仮定する場合(ほとんどがこちらだと思う)は、 読み込み時に少し調整が必要です。

function dateFrom(s, format)
{
	var tzoff = new Date().getTimezoneOffset()*60000
	var m = s && s.match(/^\\?\/Date\((-?\d+)([+-]\d+)?\)\\?\/$/)
	if(m){
		var tick = m[1]-0
		var off = 0
		if(m[2])
			off = m[2]-0
		var d = SC.DateTime.create(tick+off+tzoff)
		if(typeof format == 'undefined')
			format = SC.DateTime.recordFormat
		return d.toFormattedString(format)
	}
	return null
}

これを、データソースのfetchやretrieveRecordに仕込むと それっぽく動きます。

POST, PUTするとき

JSONでデータを送るときは、 Content-Typeヘッダにapplication/jsonが必要です。 これは、SC.Request#jsonを使うと自動で設定されます。 データの取得にはAcceptヘッダが必要ですが、 json関数は、こちらは設定しませんので注意です。

トリガ

WCF Data Servicesは、競合を防ぐ目的で、 Etagが異なればエラーを返すようになっているみたいです。 insert/updateをトリガとしてデータの一部を加工する処理が動くと、 結果として異なるEtagになるらしく、4xxエラー(忘れた)が返ります。 これはどうしたものでしょうね。

Entity Framework

独立キーアソシエーションでODataのモデルを定義すると、 外部キーを持ちませんので、IDを使ってのリレーション更新ができません。 なので、外部キーアソシエーションで作っておくことをおすすめします。

主キー

テーブルを設計するときに、複合キーは使わないほうがいいと思います。 フレームワークにあわせてデータベースを設計するなんて なんだか本末転倒な気がしますが、そのほうが扱いやすいです。

ほか

データベース制約に違反している場合はHTTP 500を返すようです。