orange/note

SproutCoreでデータベースと接続

2011年2月26日更新

データソースの作成

sc-gen data-source Blog.articleDataSource

data_sourcesにファイルが生成されます。 以下のうち必要な関数を書き換えるといいです。

fetch
クエリでSC.Store#findした場合などで使われる
retrieveRecord
IDを使ってSC.Store#findした場合
createRecord
SC.Store#createRecordしたとき
updateReocrd
変更
destroyRecord
削除

自動更新しない場合は、

SC.Store.create({ commitRecordsAutomatically: NO }).find(...)

ストアキー

個々のレコードには、ストア内かな、で一意なIDが割り当てられます。 これをストアキーと呼ぶみたいです。 SC.Record#primaryKeyはモデル別に一意なのですが、 こちらはモデルが違っても競合することはありません。

var a = Blog.store.find(Blog.Article, 1)
var c = Blog.store.find(Blog.Comment, 1)
a.get('id')			// 1
c.get('id')			// 1
a.get('storeKey')	// 6とか、その都度いろいろ
c.get('storeKey')	// 7とか

NestedStore

NestedStoreは、別ウインドウでOKボタンを押したら データをサーバへ保存する、といった場合によく使います。 SC.NestedStore#commitChangesで元のストアに反映されて、 最終的にSC.Store#commitRecordsにより保存です。 SC.Store#commitRecordsAutomaticallyがYESであっても commitChangesで自動的に反映はしないっぽい。

クエリ

クエリの種類

大きく、ローカルクエリとリモートクエリの2種類あります。 リモートクエリはサーバと通信して データをメモリに読み込むことを目的としていて、 検索条件や並び替えなどは無視されます。 ローカルクエリはメモリに読み込んだデータを扱い、 検索条件や並び替えといった機能が有効になっています。

例外的に、ローカルクエリであっても最初の呼び出し時だけは サーバと通信してデータをメモリに読み込みます。

ローカルクエリ

並び替え

SC.Query.local(Blog.Article, { orderBy: 'createdDate DESC' })

または、パラメータ(SCQL)を使う場合

SC.Query.local(Blog.Comment, 'article = {article}', {
	article: this
})

いわゆるwhereとorderbyを同時に設定するクエリを書くには、 SC.Query#localは使えません。以下のようにします。

SC.Query.create({
	recordType: Blog.Article,
	conditions: 'category={target}',
	parameters: { target: value },
	orderBy: 'createdDate DESC'
})

また、SC.Query#localと違って、 recordTypeを文字列にできません。

トラブルシューティング

SC.Query作成時に型が無いとエラーになる

型を参照する前にsc_requireを使うと、 回避できるかもしれません。

sc_require('models/article')
Blog.ARTICLE_QUERY = SC.Query.local('Blog.Article', {
	orderBy: 'createdDate DESC'
})

IEでputすると、HTTPステータスコードが1223で失敗する

これはIEの不具合で、204を受け取るとなぜか1223となるみたい。 SproutCore 1.4.1ではまだ対応されていないですし、 対応するのかも分かりませんが、 とりあえず以下のコードで回避できます。 ちょっと強引ですけどね。

didUpdateRecord: function(r, store, storeKey){
	if(SC.ok(r) || (SC.browser.msie && r.get('status') == 1223)
		// success
	else
		// error
}

ちなみに、SC.browser.msieにはバージョンが入っています。 IE8の場合は"8.0"という文字列。

新規レコードのIDがundefinedになる

レコード作成時に、SC.Store#dataSourceDidCompleteの 第3引数でIDを設定した場合、データハッシュのIDは変わっていません。 なので、ストアキーからIDを調べる場合は、 常にSC.Store#idForを使ったほうがいいと思います。

createRecordしたのにデータソースへ処理が移らない

ストアのcommitRecordsAutomaticallyがNOの場合、 commitRecordするといいかもしれないです。