orange/note

SproutCore開発環境構築

2011年1月28日更新

JavaScriptフレームワークのSproutCoreを使ってみました。 詰まったところをいろいろまとめていく予定です。 今回は環境を準備するところまで。

インストール

Ruby 1.8.x

まずはRubyのインストールから始めます。 Macの場合はもともと付属しているので次に進みます。

SproutCoreが依存しているjson 1.4.6は msvcrt-ruby18.dllを参照していて、 まだ1.9系では使えないみたいなので、Ruby 1.8.x-mswinを c:\rubyにインストールします。

PATHの設定

PATHにc:\ruby\binを追加します。

RubyGems

Ruby 1.8系はgemが付属していないので、RubyGemsから 1.3.7.zipを展開してsetup.rbを実行。 これでruby/bin/gemが作られます。

gem -v

各種ライブラリ

必要なライブラリをc:\ruby\binにコピーします。 11月時点でOpenSSLは0.9.8oと1.0.0aの2種類ありますが、 1.0版を使うと序数xxxエラーで停止しますので注意です。

SproutCoreのインストール

gem install sproutcore

依存するパッケージも含めて全部インストールしてくれます。便利。

gem update

アップデートがあるものを全部まとめて処理してくれます。

gem cleanup

最新のパッケージを除いて、古いものを削除します。

ファイルツリーのメモ

gemsのインストール先

$rubydir/lib/ruby/gems/$rubyver

$gems/doc/ridocリファレンスマニュアルっぽい
$gems/gems各種パッケージ

SproutCoreパッケージ

$gems/gems/sproutcore-$ver

$sc/binsc-genやsc-serverといったコマンド
$sc/lib/buildtasks各種rakeファイル
$sc/lib/doc_templates?
$sc/lib/frameworks/sproutcoreこれがソースっぽいね
$sc/lib/sproutcoresc-コマンドで使うrbファイルかな
$sc/lib/gensc-genで使うテンプレート
$sc/design?
$sc/spec?