orange/note

Inferno httpdとマルチバイト

2011年5月14日更新

2011年5月14日現在、公式に対応されましたので、 この記事は不要です。

Inferno Wikiのための前準備。 マルチバイトファイル名を参照すると化けていたので、 httpdを2点ほど修正しました。

まずは、parse.b:urlunesc。 終わりのほうにちょっと追加しただけですね。

urlunesc(s : string): string
{
	c, n : int;
	u := 0;
	buf := array[2] of byte;
	for(i := 0;i<len s ; i++){
		c = int s[i];
		if(c == '%'){
			n = int s[i+1];
			if(n >= '0' && n <= '9')
				n = n - '0';
			else if(n >= 'A' && n <= 'F')
				n = n - 'A' + 10;
			else if(n >= 'a' && n <= 'f')
				n = n - 'a' + 10;
			else
				break;
			c = n;
			n = int s[i+2];
			if(n >= '0' && n <= '9')
				n = n - '0';
			else if(n >= 'A' && n <= 'F')
				n = n - 'A' + 10;
			else if(n >= 'a' && n <= 'f')
				n = n - 'a' + 10;
			else
				break;
			i += 2;
			c = c * 16 + n;
		}
		else if( c == '+' )
			c = ' ';
		if(u >= len buf){
			b := array[len buf*2] of byte;
			b[0:] = buf[0:];
			buf = b;
		}
		buf[u++] = byte c;
	}
	return string array of byte buf[0:u];
}

続けてparse.b:urlconv。

urlesc(c : int): string
{
	s, t : string;
	s[0] = c;
	buf := array of byte s;
	for(i:=0;i<len buf ;i++)
		t += sys->sprint("%%%2.2x", int buf[i]);
	return t;
}

urlconv(p : string): string
{
	c : int;
	t : string;
	for(i:=0;i<len p ;i++){
		c = p[i];
		if(c == 0)
			break;
		if(c <= ' ' || c == '%' || c >= Runeself){
			t += urlesc(c);
		} else {
			t[len t] = c;
		}
	}
	return t; 
}

あとはふつうに。

mk && mk install

svc/httpdに-Dオプションを与えると、/services/httpd以下に 詳細なログを書き出します。問題解決にとても役立ちます。