orange/note

Vistaの画像タグ保存場所

2009年5月26日作成

Vistaに付属するフォトギャラリーは、 画像をタグで管理できるようになっていますが、さてさて、このタグ。 メールに添付されていた画像にもタグが残ったままになっていたので、 どのように保存されているのか調べてみました。

まず、JPEG形式はファイルに埋め込んでいます。AdobeのXMP を使っているようです。画像をstrings(1) にかけると、XMLがずらずらと表示されます。

ずいぶん前の記事ですが、メタデータとAdobeの思惑 によれば、必ずしも埋め込まないといけないわけではないようですね。

このデータは、ファイルに埋め込むこともできれば、 サイドカーファイルとして別に持たせることもできます。 この場合、純粋にXMLファイルが用意されますから応用はさらに容易になります。

信頼できない情報筋によれば、JPEGのほかにTIFFやHD Photoも埋め込むようです。

次に、JPEG以外のファイル(GIF, PNGなど)は、 XMPの埋め込みに対応していないので埋め込むことができません。 どうやらXMP自体はGIFやPNGへの埋め込みにも対応しているようですが、 少なくともVistaのフォトギャラリーは対応していません。 この場合、フォトギャラリーからタグの追加はできるのですが、 メール添付はもちろん、ファイルをコピーした場合にもタグは引き継がれませんし、 エクスプローラからプロパティを開いても、タグの項目がありません。 さらに、ファイル名の変更にも対応できていません。 フォトギャラリーから名前の変更をした場合は、タグもいっしょに付いてきますが、 エクスプローラから変更した場合には、タグが消えてしまいます。

うーん、メタデータもデータの一部なので、 通常の操作で勝手に消えるというのはどうなのかなあ、と思います。 Windows Live Photo Galleryでは改善されているのでしょうか。。

最後に、タグの削除のこと。Vistaのエクスプローラから、 JPEGファイルのプロパティを開いて詳細を選択すると、 「プロパティや個人情報を削除」という機能があります。 これを使えばXMPとして埋め込まれているタグそのものを消すことができますが、 XMPの枠組み自体は、依然としてJPEGファイルに埋め込まれたままです。 そのままでもファイル容量が増える以外に害はありませんが、 気になる場合はJPEG Cleaner を使えば、枠組みから他にもいろいろ消してくれます。