orange/note

Alefコンパイラの中で出てくる型

2009年4月21日作成

いろんなところに出てくる以下の型についてのメモ。

定数の名前規則

TXXX系
TINT, TADTなど、Tで開始するすべて大文字の定数は型(Type)が扱います。
OXXX系
OADD, OINDなど、Oで開始するすべて大文字の定数はノード(Node)が扱います。
Txxx系
Tint, Tstorageなど、Tで開始し残りは小文字の定数は、文法的な意味型です。
これをもとにyaccが解析します。

Node

Nodeは構文木です。 Alef言語のプログラムを、主にtype, left, rightというメンバー変数で扱います。 たとえば、1+1という式の場合、およそ下記のイメージ。

Node = {
	.type = OADD
	.left = {
		.type = OCONST
		.ival = 1
	}
	.right = {
		.type = OCONST
		.ival = 1
	}

式だけではなく、ifやforなどの文、adtの宣言などもすべてNodeで表します。

Type

Typeはプログラムに現れる型。 基本型の場合は単体で完結した型となります(nextがnil)。 派生型の場合は、まずポインタ(type=TIND)、配列(type=TARRAY)などで表現し、 nextにおいてその具体的な型を指します。adtなども同様。

int*の場合。

Type = {
	.type = TIND
	.next = {
		.type = TINT
		.next = nil
	}
}

Sym

プログラムで現れるすべてのシンボルです。 たとえば、変数名、関数名、型名、ifやforなどの予約語。gotoラベルなど。 それぞれの違いは、lexvalメンバー変数で区別します。 変数の場合はTid, 型名はTtypename, ほか予約語ならTintやTif。

すべてシンボルテーブルに格納され、同じ名前は1つしか存在しません。 ブロック内変数の扱いは次回。 Sym.instanceとTinfoを うまく扱うことで実現しています。

{
	int i, j;

	{
		int i;		/* ここでiはブロック外のiとは別の変数 */
	}
}